雑談の部屋

悪徳商法やお金の絡む質問は、専用の掲示板でお願いします。
田中三郎氏関係の投稿をした場合は、無条件で荒らしと見なします(本人含む)。
自作 C++ 掲示板のテストも兼ねているので、データが消えたときはごめんなさい。


[40655]d  by.f  2019年08月08日(木) 04時00分  ×

2019年8月7日、Pの3階は日中支援ということになっており、多くの利用者が集まってきている。ほぼ毎日、利用している人もいるが、めったに来ない人もいる。多くは何かのイベントがあるときに集まる。あるいはお気に入りの一部のイベントのみ参加する人もいる。この日は整体術の日であり、外部から整体術師の人を招いて整体をしてもらっている。ここで信じられないような驚くべき発言があった。整体術師がとんでもない話をしたのだ。それは昼の昼食休憩の時だったが。麻薬の話のみをしゃべり続け、さらには覚醒剤の話もした。それは薬物は危険だからやめようというものではなく、逆に麻薬の使用を推薦するものだった。覚醒剤は健康に良いとか、覚醒剤は心を落ち着かせ、リラックスさせるとかそういう麻薬に対する否定的な立場ではなく、逆に肯定的な勧める内容の話をしていた。この整体術師が薬物中毒なのかどうかは知らない。真顔で真剣に話をしていて、冗談のようには聞こえなかった。この時には10人ぐらいが集まっていた。すべての人がこの整体術師の話に集中して聞いていたわけではないが、多くの人が聞いていた。私は恐ろしくなり、その場にいられなくなり、すぐにそこを逃げ出した。普通は薬物はやめましょうとか、薬物に手を出すなと警告するのが当たり前なのに、その反対に薬物を推奨し、覚醒剤を使用しようなどと呼びかけることは間違っている。この件について市の市役所近くにある法務局の人権相談所に相談したところ、どんな会話をしようとも自由であると言ってきた。しかもこの相談員はまったく何も知らず、作業所のことも知らなかった。その後も市役所や県庁に相談した。今後もこの人物が整体術師の専属の人となるのであれば、もはや二度と整体は受けられない。他の人はそういうことは気にしないかもしれないが、私は危険を感じる。にも相談した。それからこれとは別にここの日中支援の部屋に競馬新聞とか、競輪競艇などのギャンブル関係の新聞や雑誌を持ち込んで、それを広めようという連中もいる。花札もあるし、麻雀の道具類もある。しかし、ここは多額の税金が使用されているところで、多額の補助金や公的資金が使われている。それらはすべて税金だ。納税者がこういう状態を知っているのだろうか?ただ整体術にしても、個人で受けようとするとそれなりの金がかかるので、そんなに気軽に頼めるものではない。それで人気が高いし、整体術師は医師ではないけれども、医療関係の一部とみなされている。それでこういう整体術師が外部からやってくると、先生、先生と呼んで尊敬されている。そういう立場を悪用して、麻薬や覚醒剤を広めようというのはやめてほしい。麻薬中毒になると、麻薬を手に入れるためなら、どんなことも平気でやるようになり、意思とは関係なく行動する。非常に危険であり、軽く見るべきではない。行方不明になっていた人は戻ってきた。だが、詳しいことは話してくれない。日中支援の参加はやめることにした。今までいろいろやってきたが、このまま参加をすることはいろいろ問題があると感じた。
投稿者
メール  確認キー
     入力したメールアドレスを表示する サーバーに記録するが表示はしない
題 名
内 容